メタバースの有名なプロジェクト3選

暗号資産 メタバース

今回はメタバースの有名なプロジェクトを3つご紹介していきます。今後ますます発展するメタバース市場の先駆けとなるプロジェクトになりますのでぜひ最後までご覧ください。

①Decentraland(ディセントラランド)

Decentralandは、ブロックチェーン上の仮想世界であり、ユーザーはLANDと呼ばれる仮想土地を購入し、カスタマイズや建築活動を行うことができます。ユーザーは他の人と交流し、ゲームやアプリケーションを開発・体験することもできます。Decentralandのゲーム上で決済したり、プロジェクトの投票権として利用できるトークンとしてMANAというトークンがあります。2023年7月現在は約60円ですが、最高値で約600円をつけています。今後メタバースの市場が大きくなると、MANAコインの価値も再び上がる可能性が高いと思います。

引用元:Decentraland公式ページ

②Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)

Cryptovoxelsは、ブロックチェーン上で構築された仮想都市です。ユーザーはパーセル(土地)を所有し、それを利用して建物やアート作品を展示することができます。他のユーザーとの交流やイベント参加も可能です。

引用元:Cryptovoxels公式ページ

③The Sandbox(ザ・サンドボックス)

The Sandboxは、ブロックチェーン上で構築されたゲームプラットフォームです。ユーザーは仮想の土地を所有し、ゲームのキャラクターやアイテムを作成し、自由にプレイすることができます。また、独自のゲームを開発・販売することも可能です。大企業も参入しており、例えば、スクウェアエニックス、エイベックス、SHIBUYA109、アディダス、Gucciなどが代表例となっております。

今回はメタバースで有名なプロジェクトを3つご紹介させていただきました。今後より多くのプロジェクトが出てくると思うと楽しみですね。メタバース上でNFTを買うためにまずは国内の暗号資産の取引所の口座開設が必須になります。以下のサイトから口座登録を進めてみてください。

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました