メタマスクにトークンをインポートする方法について

暗号資産 メタバース

今回は世界中でユーザー数が増えているメタマスクにトークンをインポートする方法について解説していきます。そもそもメタマスクとは何?という方は過去のブログも合わせてご覧ください。

メタマスクとはデジタルウォレットのようなもので、ご自身で管理したいトークン(デジタル通貨のようなもの)をインポートしないとそのトークンが表示されません。今回はその表示方法について解説していきます。今回はネットワークをバイナンススマートチェーンで操作しているため、他のネットワークになっている方はそちらの設定をしてください。やり方は以下のとおりです。すでにバイナンススマートチェーンになっている方はそのままで構いません。

①メタマスクの画面の上のほうにネットワークを選択できるところがあるのでそちらを押してください。
②その中から変更したいネットワークを選択して、【Add a network】ボタンを押す。これでネットワーク変更完了です!

メタマスクにトークンをインポートする方法①

まずはメタマスクにログインします。

そうすると、以下の画面になりますので

①【import tokens】をクリックしてください。

②赤枠の検索窓にインポートしたいトークンを入力してください。

③検索窓の下に候補が出てきますので、その中からインポートしたいトークンを選択してください。

④最後に【インポート】ボタンを押すと、無事にトークンの追加完了です。

以下の画像の通り、新たにトークンが追加されていればOKです。比較的有名なトークンについてはこの方法で簡単に追加することができます。

メタマスクにトークンをインポートする方法②

検索してもトークンが出て来ない場合があります。その場合は他のやり方でインポートすることができますので、そちらの解説をしていきます。

①トークンのコントラクトアドレスを調べる。

まずはトークンのコントラクトアドレスを調べます。調べる方法は様々ですが今回はコインマーケットキャップを使った調べ方をご紹介します。まずはインターネットでコインマーケットキャップを検索します。サイトを開くと、右上のあたりにトークンを検索できるところがありますので、そちらに検索したいトークン名を入力して検索をかけてください。

②検索した中の候補に該当するトークンがあればそちらを選択してください。

③選択すると、そのトークンの情報が色々書かれているページに移動します。そのページの中に【コントラクト一覧】という欄があります。そちらにトークンのアドレス一覧がありますのでその中からご自身が追加したいコントラクトアドレスをコピーしてください。今回はバイナンススマートチェーンのusdtのコントラクトアドレスをコピーします。

④コントラクトアドレスをコピーしたらメタマスクを開き、【import tokens】をクリックしてください。

⑤【カスタムトークン】ボタンを押し、その中のトークンアドレスのところに先ほどコピーしたコントラクトアドレスを貼り付けてください。正しいアドレスが貼り付けられるとトークンの名前などが出てきます。その後、インポートボタンを押すとトークンが追加されます。

今回はメタマスクへのトークンの追加方法を解説しました。最後までお読みいただきありがとうございました。

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました