ビットコインの半減期と価格の歴史!次の半減期で価格はどうなるのか?

暗号資産 メタバース

ビットコインとは?

ビットコインは世界で初めてブロックチェーン技術を基盤として誕生した暗号資産です。2008年10月にサトシ・ナカモトという仮名の個人またはグループによって論文が発表され、それに興味を持ったエンジニア集団に開発され、2009年より取引が開始されました。暗号資産の中で時価総額が最も高く、最も代表的な通貨です。特徴は、中央銀行などの管理者が存在せず、政府や中央銀行などによる価値の裏付けがないため、全世界の人々の需要と供給によって価値が決まります。ブロックチェーンという複雑で高度なセキュリティによって取引データが記録管理されており、データの偽装や改ざんは極めて難しいです。そのため、法定通貨(円やドル)を扱うよりも不正などが起こりにくく世界中の人から支持されています。ビットコインは送付や決済の手段として用いられており、投資・投機でも人気の銘柄とされています。ビットコインの価格は、需要と供給のバランスや市場の心理状態などさまざまな要因の影響を受け、価格は非常に変動しやすく、過去には大幅な上昇や下落が繰り返されてきました。その要因として取引所のハッキング事件、暗号資産をめぐる法規制の変化、大手企業や機関投資家の参入、世界の経済情勢の影響などが挙げられます。

半減期とは?

ビットコインの半減期とは、マイニング(採掘)報酬が4年に1度のタイミングで半減するイベントです。最初のマイニング報酬は50ビットコインだった報酬が、現在は6.25ビットコインまで減少しています。ビットコインの発行上限枚数は2,100万枚に設定されており、上限に到達するとそれ以降は新たに発行されることはありません。この記事を書いている時点ですでに2,100万枚のうちの1,936万1,870BTC(約93%)がマイニング(採掘)されており、発行されるビットコインは残り少ないです。半減期のイベントが来るたびに新たなコインが発行されるペースが遅くなり、発行上限数に近づくにつれてビットコインの希少性が結果的に増すことになります。このしくみはビットコインの存在価値を維持し、通貨としての信頼性を高める役割を果たしていると言えます。これまでに半減期は3回発生していますが、2024年4月に4度目の半減期が来るとマイニング報酬は3.125 ビットコインとなります。今後ますますビットコインの供給枚数が少なくなるにつれ通貨としての価値が上がる可能性もあります。

過去の半減期と価格変動の関係について

・初の半減期(2012年11月): 初の半減期ではマイニング報酬が50ビットコイン→25ビットコインに減少しました。この半減期前後では、価格が比較的穏やかに上昇しました。しかし、半減期後には一時的な価格の下落が起きましたが、その後再び上昇に転じ、2013年には初めて1ビットコインが1,000ドル(約14万円)を超える価格となりました。

・2回目の半減期(2016年7月): 2回目の半減期では、報酬が25ビットコインから12.5ビットコインに減少しました。この半減期前後では価格が比較的緩やかに上昇しました。半減期後には一時的な価格の下落がありましたが、その後再び上昇し、2017年にはビットコインは20,000ドル(約280万円)を超える過去最高価格となりました。

・3回目の半減期(2020年5月): 3回目の半減期では、報酬が12.5ビットコインから6.25ビットコインに減少しました。この半減期後の2020年末から2021年初頭にかけてビットコインは急激な上昇を見せ、60,000ドル(約800万円)という歴史的な高値をつけました。

過去の半減期の価格変動を観察していると、半減期の翌年に価格の上昇傾向が見られます。これは、半減期により新たなビットコインの供給量が減少し、需要に対して供給が制限されるためです。需要が変わらずに供給量が減少すると価格は上昇する傾向が強くあります。ただし、過去のパターンが将来の価格を予測する確実な指標となるわけではありませんので、そのあたりは暗号資産の市場や経済状況等を見ながら総合的に判断することをおすすめします。

半減期までにビットコインを買っておくべき?

今まで過去に3回の半減期がありましたが、そのときの価格変動に注目していくとおもしろい結果がでていることが分かります。それはいずれも価格が上昇している点です。ただ、少しだけ注意してください。それは半減期と同じタイミングですぐに価格が上がるのではなく、今までの傾向からすると半減期から約3~6カ月ほど経過した際にいずれも価格が上昇しています。半減期はビットコインの価格に影響を与える要因の1つに過ぎませんが、その中でも重要な要因の1つであることは間違いありません。なので、今までの傾向等を考慮して2024年の半減期までにビットコインを少し買ってみるのもアリだと個人的には思いますし、私も少ないお小遣いを元手にコツコツBTC積立をしています。

どうやってビットコインを買えばいいの?

今回は初心者の方でも簡単に変える日本の取引所を2つご紹介します。

1.コインチェック

コインチェック

2.ビットバンク

今回はビットコインの半減期についてお伝えしました。次回の半減期で価格がどうなるか楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました