ブロックチェーンとは

暗号資産 メタバース

今回のブログでは、ブロックチェーンについて解説していきます。ブロックチェーンという単語は聞いたことはあるけど、よくわからない。そのような方向けに解説していきます。

コインチェック

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンは、分散型のデジタル台帳技術です。この技術は、データをブロックと呼ばれる小さな単位に分割し、それらのブロックを連鎖状に結合します。各ブロックには、データやタイムスタンプなどの情報と、前のブロックへの参照が含まれています。ブロックチェーンの最も注目すべき特徴は、分散化されたネットワーク上で動作することです。これは、ネットワーク内の複数のコンピュータ(ノード)が共同で台帳を保持し、データの変更やトランザクションの承認を合意形成によって行うことを意味します。この合意形成プロセスは、一般的には「コンセンサスアルゴリズム」と呼ばれます。ブロックチェーンの利点はいくつかあります。まず、透明性と信頼性があります。データは分散化されたネットワーク上に保存されるため、一つの中央機関に依存せずにデータの完全性を確保することができます。また、ブロックチェーンは改ざんが困難であるため、データの信頼性も高くなります。さらに、ブロックチェーンはセキュリティにも優れています。分散化されたネットワーク上でデータが保管されるため、ハッキングやデータ改ざんへの脆弱性が低くなります。一度データがブロックチェーンに記録されると、後から改変することは非常に困難です。ブロックチェーンは、特に仮想通貨(例:ビットコイン)の分野で広く知られていますが、その応用範囲は他にも広がっています。例えば、スマートコントラクトと呼ばれる自動実行可能な契約の作成や、供給チェーンの透明性と追跡性の向上、投票システムの改善など、様々な分野で活用されています。ブロックチェーンは、分散化とセキュリティの面で非常に優れた技術であり、その潜在的な可能性は非常に大きいとされています。しかし、スケーラビリティの課題や法的・規制上の課題など、まだ解決すべき課題も存在します。

ブロックチェーンの課題点

①暗号技術としての安全性とシステム全体でのセキュリティ安全性が十分に検証されておりません。

これは、ブロックチェーン業界に関わらず世の中のほとんどのシステムの課題であり、かつ、多くのシステムにおいて現在も大きな課題となっています。新たに提案された暗号技術を安全な形で社会に実装する上で必須です。具体的には、暗号技術の基礎である暗号アルゴリズムや、暗号アルゴリズムと通信を組み合わせてより高機能なセキュリティーやプライバシーを実現する暗号プロトコル(ブロックチェーンもその一種)において、脆弱性やバックドアがないことを調べるために、様々な検証が必要となります。

②スケーラビリティの問題

スケーラビリティの問題があります。スケーラビリティとは取引量が膨大になった時に取引の承認にかかる時間が遅くなったり、ガス代(手数料)が高騰したりすることです。イーサリアムの特徴として取引の承認を短時間で済ませることができることが挙げられますが、取引量が増えれば増えるほど承認には時間がかかります。さらに、イーサリアムは取引情報だけでなく、ブロックの中にスマートコントラクトを実行するプログラムまで書き込むことになるので必然的に情報量が多くなり、結果として取引スピードが遅くなってしまいます。

このようにブロックチェーンについては、様々な課題がありつつも、とても利便性の高いサービスで特に金融サービスと相性が良いものとなっております。今後ますます社会に浸透する技術だと思いますので今のうちに頭の片隅に入れておくと今後役立つかもしれません。

そんなブロックチェーン技術を活用したビットコインを購入したい方は、国内の暗号資産取引所の口座登録が必要です。今回は操作がしやすく、手数料も安いコインチェックをご紹介させていただきます。よかったら以下よりダウンロードして、口座開設してみてください。

コインチェック

また、GMOコインも使い勝手がよくおすすめです。こちらも合わせて開設しておくことをおすすめします。

GMOコイン【個人口座】

コメント

タイトルとURLをコピーしました